ホーム > 脚本 > 第6話「先生が離れて行く」 > 柿野訓練課長に諭される478期訓練生




くれない寮ホーム
安全啓発センター
さよなら鶴丸
サイトマップ
基本情報
ストーリー
キャスト
スタッフ
登場人物相関図
ロケ地
脚本
SS-478掲示板
マイナー情報
原作との比較
用語辞典
訓練日記@SS-478
深読みコラム
挿入曲
カルトクイズ
オフ会
関連リンク集
オススメ商品
撮影秘話
お問い合わせ
Q&A
情報提供
管理人について





脚本 第6話「先生が離れて行く」
このコーナーではスチュワーデス物語の名場面を脚本形式で再現します。

柿野訓練課長に諭される478期訓練生

38
羽田・日本航空乗員訓練センター近く
訓練センターの屋上の鶴丸印が映る
39
羽田・ろばた焼き食事処つかさ・入口
ろばた焼き食事処つかさの看板が映る
40
同・店内
まそうにビールを飲み干す柿野訓練課長
柿野訓練課長
「あーっ」
店に入ってくる木下さやか、石田信子、中島友子、池田兼子、落合克美
柿野訓練課長
「うっ、あっ、何だ何だ、お前たち、訓練生のくせにこんないっぱい飲み屋来て」
石田信子
「課長にお話したいことがあります」
木下さやか
「課長」
柿野訓練課長
「うん?」
木下さやか
「私たち訓練生は、このとおり見事に成熟した女性ですもん」
と自身の身体を触る
木下さやか
「千秋みたいに恋をしたって当然じゃありませんか?」
うなずく信子
木下さやか
「それまで口を突っ込んで邪魔するなんて、こりゃあもう、ドングリコロコロ、課長はオジンのワカランコちゃんです」
石田信子
「その通りです。恋愛って女性にとっても大事な生きがいなんです。それを止められたらもう絶望。かえって訓練や勉強に身が入りません」
爪楊枝で口を掃除する柿野
中島友子
「あたし、千秋がうらやましくって。村沢教官をパリまで追っかけるなんて、ロマンチックで素晴らしいわ」
柿野訓練課長
「うーるさいっ、静かにしろ!」
とテーブルをたたく
柿野訓練課長
「いいか。俺は訓練課長だ。つまり訓練生、スチュワーデスの卵全員の父親だ。お前らはなぁ、みんな俺の可愛い娘っこたちよ。その可愛い娘っこの一人、松本千秋が不幸にならんとしている。放っておけるか親父として」
木下さやか
「千秋が不幸にって、どうしてですか?」
柿野訓練課長
「よく聞け、村沢には婚約者、れっきとした婚約者がいるんだ。そんな男にのぼせ上がっているのを、ああ結構ですと笑ってられるか?」
池田兼子
「そりゃそうや」
落合克美
「うーん」
木下さやか
「何よー。婚約者の一人や二人居たってそんなもんぶっ飛ばすのが恋愛です」
柿野訓練課長
「うーるさい。村沢はなぁ、きっとそのその婚約者と結婚する。すると泣くのは誰だ?松本千秋だ。俺の娘だ。自分の娘がそんな不幸になるのを放っとくわけにはいかんのだ。松本の首根っこひっつかまえても村沢から引き離したい。それが親父の気持ちだ。分かるかこの気持ちが。娘の幸せを願う親父の気持ちがわかるか?」
石田信子
「それはよくわかりますけど」
柿野訓練課長
「わかりゃいいよ、わかりゃあ。分からない奴がいたら俺は許さねぇ」
とテーブルをたたき立ち上がる
びっくりする友子
柿野訓練課長
「ぶっとばしてやる。わかったのかわかんないのかはっきり返事しろ!」
立ち上がるさやか
柿野訓練課長
「俺のこのものすごいパンチを食らってみろ!一発でノックアウトだ」
木下さやか
「負けたぁ。すごい迫力。圧倒されました」
と頭を下げる
柿野の腕に抱きつく友子
中島友子
「いっかすぅ」
柿野訓練課長
「うん?」
中島友子
「うちのパパよりずっとパパらしぃわぁ」
柿野訓練課長
「わぁ、よしよし、分かった、分かった。分かった。分かれば、分かればいいよ。分かれば。ふぅ」

(2005/12/28改)
| ホーム | 個人情報 | 免責事項 | リンク | 推奨環境 | 著作権 | ご意見・ご要望 | 情報提供 |
Copyright 1998-2016 Kurenairyou. All Rights Reserved. http://www.ss478.jp/